ビフィズス菌とは

便秘に効く菌の代名詞とも言えるほどビフィズス菌は有名です。ヨーグルトのコマーシャルなどで耳にしたことがある方が多いでしょう。同じように乳酸菌も有名ですが、便秘解消をうたうコマーシャルなどでビフィズス菌の紹介が多いのには理由があります。

ビフィズス菌と乳酸菌はどちらも善玉菌の一種ですが、善玉菌の約9割を占めるのがビフィズス菌なのです。乳酸菌はビフィズス菌の働きを補助してくれるためのたいせつな役割を担いますが、便秘解消の鍵はビフィズス菌が握っていると言えます。

腸内には600兆から1000兆個の腸内細菌が生息しており、その中での善玉菌と悪玉菌のバランスが腸内環境にとって重要となります。ビフィズス菌は酢酸を生産し、腸内の悪玉菌の増加を防ぎます。さらに乳酸も生産するため、腸のぜんどう運動を促します。

腸内の悪玉菌増殖を抑え、腸のぜんどう運動を促すことによって便秘を解消することに大きく貢献するビフィズス菌ですが、摂取の仕方によって効果が全く異なってきます。ビフィズス菌を含んだ食品を食べても、胃酸に弱いという特徴がるため、生きて腸までたどりつくことが難しいのです。そのため腸内でビフィズス菌を増殖させる必要があります