オリゴ糖とは

腸内に生きてたどりつくことが難しいビフィズス菌ですから、摂取するだけでは胃酸に溶かされてしまい、ほとんどが消滅してしまいます。摂取した菌を腸内で増殖させることを意識しなければ便秘への効果は望めません。そのため、ビフィズス菌のエサであるオリゴ糖を摂取する必要があります。

オリゴ糖は糖分の仲間で、人間の消化酵素で消化できない単糖が数個結合した形をしています。そのため胃酸などで消化されることがなく、生きて腸内にたどり着くことができます。届いたオリゴ糖はビフィズス菌のエサとなり、増殖を助けます。

腸内に届いたオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌だけでなく、悪玉菌のエサにもなります。しかし善玉菌がオリゴ糖を食べた後に出す乳酸によってほとんどの悪玉菌は弱まってしまいます。このようにして悪玉菌の力を弱め、善玉菌を活性化させる効果が期待できます。

さらに、善玉菌が出す乳酸は、悪玉菌の力を弱めるだけでなく、腸内の環境を整えます。中性の状態である腸内は、乳酸を体外へ出そうとするためにぜんどう運動が活発になります。また、腸内にある酸を薄めるため水分含量を増やします。

これらの一連の腸内運動が排便を促し、便秘解消の効果につながるのです。